INFORMATION.

材料の1%を変えるだけで生分解性プラスチックを開発できる添加物の取り扱い開始【ニュースリリース】

  • RELEACE
  • date

日本発上陸のプラスチック用添加剤の取り扱い開始
原料の1%を変えるだけで、生分解速度を速める
~11月27日から開催のドリンクジャパン@幕張メッセに初出展~

製造業の海外調達をサポートするワールドインキュベーター株式会社(大阪市中央区 代表:野原智央)は、プラスチックの製造過程で、材料に約1%まぜるだけで、廃棄後の生分解を加速することができる、日本初上陸となる添加物「生分解促進ペレット」の取り扱いを開始し、11月27日〜29日に幕張メッセで開催される展示会、ドリンクジャパンで初公開します

生分解促進ペレットは、PET(ポリエチレンテレフタレート)、PE(ポリエチレン)、PS(ポリスチレン)など、従来のプラスチック材料に1%添加し、プラスチックを製造するだけで生分解性プラスチックを作ることができます。生分解促進ペレットを添加して製造した生分解性プラスチックは、通常のプラスチックと比較して透明性・強度など物性は変わらず、従来の充填ラインで使用できるほか、通常のプラスチックとしてリサイクルも可能です。
さらに、アメリカ食品医薬品局(FDA)よりGRAS(グラス)食品接触用として認証されています。(GRAS= Generally Recognized As Safe(訳:一般に安全と認められる)の頭文字)

現在、プラスチック資源循環問題やマイクロプラスチック問題が世界的に注目されています。2019年5月31日に環境省が「プラスチック資源循環戦略」を政府として策定したり、また経2019年5月7日には経済産業省が「海洋生分解プラスチックの開発・導入普及ロードマップ」を策定したりと、国内でも対応すべき問題となっており、多くの企業も対応を迫られています。そういった背景からプラスチック資源循環問題の解決に少しでも貢献する為、日本初上陸の生分解促進ペレットの取り扱いを開始することとしました。
プラスチックゴミ削減に向けた取り組みを開始したいと考えている企業は製造プロセスを変えることなく、スピーディーかつ低コストで生分解性プラスチック開発が可能になります。

【生分解促進ペレットの特長】
・プラスチックの材料に混ぜて、通常通りに製造するだけで生分解性プラスチックが製造できる。
・押出機やインジェクション、ブローなど幅広い製造設備に対応
・通常のプラスチックと生分解性以外の物性は変わらない
・通常のプラスチックとしてリサイクル可能
・生分解性促進ペレットを使用して製造した生分解性プラスチックは、冷たいもの・温かいもの・液体・お菓子類・コーヒー豆・茶葉・豆類・生物など、幅広い充填物に対応可能
・土壌などの環境下でのみ生物分解を速める

【生分解促進ペレットの概要】
・ご購入や質問に関しましては、WEBサイト、または電話やFAXでお問い合わせください。個別に見積をさせていただきます。
・容量にもよりますが、展示会後から購入可能です。
・サンプルは無償で提供致します。
・成分などの詳細は守秘義務契約締結後、公開致します。

【ドリンクジャパン 出展概要】
会期:11月27日(水)〜29日(金)
場所:幕張メッセ D6-52
・展示会には、バイオプラスチック・紙製・添加物から作られた容器も多数展示する予定です。

今後は、この生分解促進ペレットを多くの企業様に使って頂き、環境・自然界・地球規模でプラスチックと共存できる社会を作っていくための一助になる企業として邁進してまいります。

【本リリースのお問い合わせ先】
ワールドインキュベーター株式会社 広報担当 古味茉夏(コミマナツ)
TEL)06-6253-7210 FAX)06-6253-7211
MAIL)komi@world-incubator.jp

———————————————————————-
会社名:ワールドインキュベーター株式会社
所在地:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-6-25 IBC心斎橋east7階801号
代表者:代表取締役社長 野原智央
事業内容:アジア、EUを中心とした製造業データベース「Factory Cloud」を活用した輸入サービス
資本金:54,310,000円(資本準備金含む)
従業員数:9人
電話番号:06-6253-7210
FAX番号:06-6253-7211
MAIL:info@world-incubator.jp
WEBサイト:http://www.world-incubator.jp
———————————————————————-

TO LIST

CONTACT.

  • メールでお問い合わせ
  • 電話でお問い合わせ
  • LINEでお問い合わせ